「新装開店!」三着までに入る馬をさがすブログの最新記事

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

このブログは

「新装開店!」三着までに入る馬をさがすブログ

のサテライト版となっております。

このブログでは、メインブログの新着状況は下のフィードで確認できるかと思います。

ひき続き、ごひいき頂けたらと思います!!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

【PR】大川慶次郎のパーフェクトの理由?【無料】お試し大川慶次郎情報

HOME > ARCHIVE - 2014年05月
--/--/--

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/05/31

第81回 日本ダービー 「ウインフルブルームの取消でもう大変!!」

スポンサードリンク

さて、困りましたね・・・・。

ウインフルブルームの出走取消で展開が読めなくなってきましたね。
ここでも、結構走ってくれると思っていたんですが・・・

前に行くのはエキマエじゃないの? と情報が出てますが、
それが本当の意味でペースメーカーになるかと言ったらいかがでしょう。
このダービーは、基本ゆったりしたペースで、4角で団子で
よーい、どん!
となるんじゃないでしょうかね。
いずれにせよ、これで展開をどうのこうのというのはかなりナンセンスですね。

ということで、イイ位置でレースを進められる馬を中心にした方が良いかと思います。
トゥザワールド、イスラボニータ
そして大外から弾みが付けば、ワールドインパクト。
先日、ワールドインパクトは力不足的な事をアップしましたけど
ウインフルブルームの出走取消で、ここら辺の馬が入って来てもおかしくなくなってきましたね。
あ〜  もうわからん。

それから、うまくいけば団子状態の4角を抜け出せる馬として
ワンアンドオンリー、ベルキャニオン、トーセンスターダム
ではないでしょうか。
レッドリヴェールはかなり体重減ってくるかもしれません。
当日の馬体重で検討が必要じゃないでしょうか。(私は買いませんが。)

ということで

◎ トゥザワールド
○ イスラボニータ

△ ワンアンドオンリー
× ベルキャニオン、トーセンスターダム、ワールドインパクト

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ご参考になりましたら
ポチッと

お願い致します
スポンサーサイト
2014/05/31

第128回 目黒記念 「位置取り次第で!!」

スポンサードリンク

展開から見ていきましょう。

まず、先行争いアドマイヤブルーかグランデスバルあたりでしょうか。
アドマイヤブルーの東京での実績ですが、去年の府中Sになりますが二番点あたりで37.8で前3ハロン進めてます。このレースはこのクラスの平均ラップより早く、アドマイヤブルーは直線でずるずる下がっていきます。しかし、ここさいきんは逃げてはいないけど好位で待機できていますね。
グランデスバルは今年の四月の府中市市制施行60周年記念で逃げ切ってますね。前3Fを38.8で進み1600あたりでギアチェンジした感じです。このペースになると前目に行く馬は有利ですね。

展開予想としては、グランデスバルがペースを作っていくのではないかと考えられます。

そうすると、前目の番手が俄然有利になりますが、ここは東京コースですから、きっちりした時計を持っていない馬は馬券になりにくいでしょう。

番手争いは、、ラブリーデイ、ステラウインド、ムスカテールあたりでしょうか。
の前走の日経賞は出遅れでもうどうにもならなかっただけだと信じてます。
5・6番手に付けられれば3着以内に入っても不思議ではないと思います。
ムスカテールはダートから戻ってきたわけですが、どうなんでしょう。迷走中ならば買い難いですね。
ラブリーデイはやはりここでは実力上位だと思います。

後からはスマートギアやアウォーディー。
このなかでは、アウォーディーに注目ですね。
行った行ったになっていた五月前半の東京でスローペースの中33.2で突っ込み3着に入ったのは強いと思います。

まとめですが、
スローの展開にできた、グランデスバルは前残り、その他先行馬も切れる脚のある馬は残れる。
該当するのはやラブリーデイ。
そんなスローになっても、追い込めそうな鬼脚があるのはアウォーディーくらい。

ということで、印です。

◎ラブリーデイ

▲グランデスバル
△アウォーディー
×アドマイヤブルー、ラブイズブーシェ、アスカクリチャン

後は当日の馬体重で!!


2014/05/30

白百合ステークス 「このレースは堅いんじゃないですか〜」

スポンサードリンク

明日のオススメレース!!!

ダービーを逃したモーリス、ステファノス、オークスを逃したレーヴデトワール 。
この三頭が揃ってしまいましたよ。

ハナを切るのはあやめ賞を勝ってきたセセリ、プリンシパルを3着に沈んだワードイズボンドぐらいでしょうか。
いずれにせよ、ハイペースになってしまうかもしれませんね。
ここ最近の京都1800で前残りが合ったのはあやめ賞のセセリ。
ちょっと不気味かもしれません。

とはいえ好位から差してくる馬が有利な傾向がありますのでその辺が中心ですね。
となると、俄然がイイのではないかと思います。
それから、ステファノスもイイのではないでしょうか。

モーリスに関しては京都新聞杯でさらに後から追ってきたミヤビジャスパーにぶち抜かれてますからね・・・・。
そしてカンパニー産駒のワクワクカンヲ。
前走でやっと未勝利を抜け出してきたのですが、[1-5-4-5]の成績はどうなんでしょう。超晩成といわれてますけど、この馬は2歳の夏から走らされて・・・・。
データだけ見るとそれなりなんですけど、いかがでしょうか。。。買いませんけど。

予想ですが、

○ ステファノス
▲ ミヤビジャスパー
△ モーリス、ピオネロ

あとは当日の馬体重で!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。